2010-12-26

エキップアサダを訪問して見つけたもの


それがなんであれ、描いた夢を具現化するためには、
人、金、そして諦めない心が必要なんだなと思う最近。
ここんとこ自分が、なんか変だと思って、
今年2010年の運勢をぼんやりと見つめてみたら、
どうやら大殺界真っ最中のよう。
頭を低くして、こそこそお手伝いしながら、
天命の兆しを待つ、という臥薪嘗胆の時期なのかもしれません。

そういう言い訳もできるということなんだけどね。



臥薪嘗胆といえば、日本ロードレース界が、
もっときちんと誇り評価していいはずのレーシングチーム
『エキップ・アサダ』。http://www.cyclisme-japon.net/
例のアラシロユキヤ、ベップフミユキを見いだし育てた、
日本のチームです。
ツールドフランス出場を、本気で目指していますが、
2010年度は、UCIチーム登録を停止しています。
耐える時期です。諦めない時期です。



妄想チーム/レーシングフィーバー監督である中村としては、
果たして、ホンモノのレーシングチームとはどういうものかを、
別の野暮用にかこつけて、じっくりと拝見してきました。

エキップアサダの監督、浅田顕氏には、
それこそ20年前、
ボクがマウンテンバイクに乗り始めたころに
行き着けていたショップが、なぜか
浅田顕氏(というよりリマサンズというチーム)に近く、
レーサーとして海外を回られていた時期に日本でお会いし、
互いに海外流浪野郎として、雑談を交わした憶えがあります。
時はいつも、流れています。

その浅田さんの、海外流浪までと流浪中の想い出が、
ここに飾られていました。おもしろかったので、ご紹介します。

























2010-12-16

2010 DCF フリーライド ミーティング

2010年12月11日。
2010 DCF フリーライド ミーティング
というのが行われて、参加してきました。

http://www.ir-jp.com/
http://delightbike.blog13.fc2.com/blog-category-14.html


その模様を、フリッカーで、紙芝居方式にしてみました。
そんなやりかたはどうでしょう。
下をクリックして、ご覧ください。

集まった人々