2010-06-26

行った、飛んだ、転けた。


6月26日(土曜)。本日から
富士見パノラマで開催される
パノラマ フォークロス チャレンジ」の
 フォークロスレースではなく、土曜日だけ行われる
 ジャンプセッションに参加しに行きました。

(上の写真は、今回ではなく、いつぞやのジャンプセッション)

が、あいにくの雨。路面状況はぬるぬるチュルチュルとなり、
ジャンプセッション自体が中止となりました。
今イベントのプロデューサー、栗瀬裕太くんが
顔にあふれる悔しさを、雨で洗い流しているのを見て、
富士見を後にしました。



んが、そのまま帰るのもあれなので、その足で
群馬・前橋の友人、バカになる男、はにゅくんが管理する
《デライト・クラブ・フィールド=D.C.F》こと飛び場に行きました。
お問い合わせは; http://delightbike.com
はにゅくんは、下写真、左。


今日乗ったのは、手前の銀色、《コナ・ベース》。
フルサスなのに、シングルスピード。
というのも、フルサスには普通、
ディレーラーがなければ、チェーンは張れない。

でもこれはね、リアスイングアームのピボットが
BBと同軸にあるという、いま注目のジャンプ用リアサスシステム。
チェーンの長さが変わらないから、ディレーラーが必要ないんだ。

一度、飛んでみたかった、リアサスシステムです。


クラシナさん、ごめん。また転けた。
どうしても『禁酒禁煙禁転倒』の誓いが守れない。



その様子が、めずらしく記録されてました。
いつも記録する側だから、
記録されるなんて、めったにない。

クラシナさん、無傷だよ。メットも汚れただけだから平気さ。
あばらもやってない。

2010-06-25

さすがに怒られるか。

五木寛之 著 『大河の一滴』(幻冬舎 刊) P111後半〜P112まで。

『たとえばサッカーだとか、あるいは野球だとか、オリンピックだとか、あるいは競馬とか、こういうものに熱中する人々を見ててい感じるのは、人間というのは、たったひとりで生きているのではなく、多数の人間との一体感を求めて生きているのだなということです。

みんなが、一つの試合とか、スポーツの行方に対して一喜一憂しながら、つまり他人が二人とか三人でなく、百人、千人、万人という人たちが全部、なにか同じ心にとけあって、いまここに存在しているーー熱い興奮がそこにあって、それを求めて人々はスポーツに熱中するのではないか。ぼくはそんなふうに思います。

どんなに経済的に恵まれ、どんなに健康に恵まれ、あるいは幸せに生きていたとしても、孤立している人間というのは、生きているときに本当につらいものなのです。生きていることが喜びと感じられない。そこへ忍び寄ってくるのが、そのような、時代全体が高揚しているとき、その時代にも自分もいっしょに巻き込まれていく快感、あるいは興奮ではないでしょうか。そういうものがあるような気がして仕方がありません。

ファシズムとかナショナリズムとかいうもののきわどさは、そのへんにあるような気がします。いくら、そういうものがまちがているといったところで、人間は頭だけで動くものではありません。そして、物でもなく、頭でもなく、利益でもなく、自分と他人とが一体になって、燃えるような興奮の中にいる、というような状況を一度味わった人間は、その病から免疫を得ることはできないのです。』

------------------------------------

フィーバーしようぜ。サッカーフィーバーのあとは、レーシング、フィーヴァーーー!

真夜中の、つかちゃん特集(ケンジも)

この間、お話しした模様の動画篇。


つかちゃん(オレンジ)の序盤の走り。ザ・1本目の走りかな。


回が進むと、ますます速くなる。


たぶんこのスラロームの走り、いま日本最速。


1本目が劇的に速かったパンクキッドことケンジは、
この2本目も、劇的でした。
対戦相手は、雷太

2010-06-21

もしや! と階段の件。



通勤途中のカッコいいラブホテルのあたりに、
いつもわりとイカしてるフルサス自転車が置いてあるのだが、
昨日は、こんな感じだった。もしや! 大丈夫か! 

----------------

そうそう、階段を走る件、
運を天に任せて、ギリギリのところで
エントリーしてみましたが、果たして。

試走は、別の階段ですが、土曜日にしてみました。
下の記事の真ん中あたりに、乗ってないふりして、もちろん全部乗ってます。

http://rinprojectnews.blogspot.com/2010/06/blog-post_20.html

走行中の気持ちとしては、ありがたみ半分、後ろめたさも、これ半分。

2010-06-20

ハマーシュミットについて


 マウンテンバイクには、ハマーシュミットというパーツがあって、いま一番ホットなパーツです。


 自転車の前ギアを、ディレーラーこと変速機でするのではなく、こんなふうにユニットとして組み込んでしまい、チェーンを動かすことなく2段変速できるパーツです。これは2008年にクロマグで乗ったプロトタイプの写真。タイラー・モーランドの自転車です。


 どういうものかは、月刊『バイシクルクラブ』の6月号の、海上さんのページに、深く解説してあります。いまなら、バックナンバーも買えるでしょう。


写真右、ダッキーの上にあるのが
ハマーシュミットというパーツです。
 クランクと、変速機と、
 ギア2枚と、BB込みで、ボクの欲しいやつは
  84000円。


で、このハマーシュミットが、必要な理由。

1)チェーン・ジャム(チェーンはずれ)が
  構造的になくなるから。

  この間、草津でのレースで最下位だったのは、
   途中でチェーンが落ち、それをわざわざ止まって
   入れ直してしまったからだ。
  
  だって超楽しいコースだったので、タイム出すよりも、
  残ったコースをジャンプを、ちゃんとチェーンの入った
  自転車で、気持ちよく走りたいと思ったんだもーん。

 しかたない。タイムは出なかったが、
  リズムセクションあとのゲレンデジャンプは、
  自分なりにひねれたから満足です。


 2)重心が、中央に、集まりやすくなるから。
    記事の中で、ヒロはこんな風に言ってます。


  「重心がハマー(シュミット)を装着している場所に
   集まり、操作性が上がった感じになった」

   より難しく言うとマスの中央化による旋回性の向上、
   みたいなことになるんでしょうけど、
   これをフルサスに付ければ、
   バネ上重量がどうのこうので、たぶんさらに乗り味が
   自由になるのではと。

 つうところです。この間のハードテイルクラス優勝のときも、
  ヒロがこの自転車に乗ってたのが、物欲に磨きをかけました。


  以上、ハマーシュミットへのラブレターでした。


クロマグ/フォトグラファー海上さんの、
 この『バイシクルクラブ』の連載ページは、
  すごくいい写真がズラリ並んで、ねちねちと
   いろんなことを解説してくれるから、好きさ。


  繰り返しですが、世界で初めて開発したのは、
   株)日本自転車変速機製作所だったようです。

2010-06-17

『俺たちの世界選手権』か?

う、でたい。。。。
草津は『俺たちのワールドカップ』ということになりましたが、
今年はついに『俺たちの世界選手権』まで開催か!

 とはいえ、お盆だ! 出れんのか! 
 いまこそ立てよ、全国の妄想チーム監督諸君。

Begin forwarded message:

差出人: "YBP M-MAG."
日時: 2010年6月16日 21:21:03:JST
宛先: web@koichiro.com
件名: 【 YBP M-MAG. 80 】参道でダウンヒルレース開催 !

みなさまこんにちは。

世の中に“絶対音感”があるなら、神社の参道を見て「ダウンヒルしてみたい」と思った方、必見!

“RED BULL HOLY RIDE”のご案内です。

8月14日(土)に京都府八幡市の石清水八幡宮の参道でダウンヒルレースの開催です。
タイトルをご覧の通り、あのRED BULLが冠です。

ただし、今回は、みんなが参加しやすいイベント内容です。
(RED BULLのイメージはハードですからね。)

というか、神社の参道を公認でかっ飛ばせる機会ってそうそうないので、ダウンヒルしてるライダーなら、ここは参加しとかないと、二度とないチャンスかも。

実際のロケーションは、小高い神社の鳥居を潜ってスタートして、ダートではない路面(石畳とかコンクリートとかアスファルトとか階段とか)の約1キロの距離を下ります。ゴールも鳥居を潜ってフィニッシュです。

レース形式は、1次予選は1人ずつのタイムトライアル、2次予選以降は4人で戦う4クロス、セミファイナルとファイナルは2人で戦う2クロス形式です。

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆┃Red Bull HOLY RIDE (レッドブル・ホーリー・ライド)
…┻…………………………………………………………………………………………
タイトル:Red Bull HOLY RIDE (レッドブル・ホーリー・ライド)
日  時:2010年8月14日(土) 12:00-16:00 ※荒天時は翌日に延期
会  場:石清水八幡宮 境内 (京都府八幡市八幡高坊30)
内  容:マウンテンバイク・ダウンヒル・レース (オープンクラス)
     1次予選は1名ずつのタイムトライアル形式
     2次、3次予選は4クロス、セミファイナルとファイナルは2クロス形式
賞  金:優 勝 ¥100,000-
     準優勝 ¥50,000-
     第三位 ¥30,000-
募集人数:100人(先着順。定員になり次第締め切ります)
参加資格:・中学生以上の男女
     ・マウンテンバイク・ダウンヒル・レース経験者
     ※20歳未満の方は、事前に保護者の同意書が必要です
     ※プロライダーの方も参加いただけます
 参加費:¥5,000-
参加方法:1. 公式のページより、応募用紙をダウンロードし郵便局にて参加費を
       お振込みいただき、応募用紙に必要事項をご記入ください。
     2. FAXで052-775-2360(レッドブル・ホーリー・ライド運営事務局)
       まで送信下さい
参加締切:2010年7月15日(木) 
     ※定員に達した場合は、その時点で締切といたします
     ※7月16日(金)〜31日(土)の期間に申し込まれた方は、
      参加費に加えてレイトフィーとして¥1,000が必要となります
     ※参加の可否にかかわらず、事務局より連絡が届きます
     ※参加費お振込み後、定員締切で参加不可となった場合、返金いたします
参加問合せ先:市民・自転車フォーラム内
         レッドブル・ホーリー・ライド運営事務局
       TEL:052-760-0028、 担当:後藤
備  考:競技規則はUCI CYCLING REGULATIONS / JFC EDITION 2010を
     基本として本大会のローカルルールに準ずる
     石清水八幡宮に関する情報は
       http://www.iwashimizu.or.jp/をご覧ください
主  催:レッドブル・ジャパン株式会社
協  力:特定非営利活動法人 市民・自転車フォーラム、 桑名GONZOトラック
…┳…………………………………………………………………………………………
◆┃http://www.redbull.jp/
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010/06/16
【コピペフリーです】
お好きな情報をあたなのブログやHPやメールへコピペして宣伝して下さい。
クレジットに下記アドレスを明記してくれると素敵。
http://ybp.jp/mmag/

【掲載情報について】
主に下記サイトの情報をお送りしています。
http://rideshop.jp/
http://bassya.com/
http://660ss.com/
http://5tt-web.com/
http://ybp.jp/

【このメールアドレスについて】
このメールアドレスは、メルマガ配信専用となります。
返信その他には機能しませんのであらかじめご了承下さい。

【バックナンバー/配信の中止】
こちらにておねがいします。
http://ybp.jp/mmag/

【YBP M-MAG.】
YBP 柳原 康弘
http://ybp.jp/



=========================

2010-06-15

今年の目標

現在、いろんなところから、いろんなダウンヒル思想をつまみ読み。

先日、ジンヤくんが来日してたときに、
 一緒になる機会を得ました。
 走らずに、ただいっしょに飯を食うというのが
 奇妙な感じでしたが、それでも伝わってくる、
 ストレートなあり方が、なんかいい匂いでした。

 ジンヤくんが書くには;

http://jinyaatca.blogspot.com/2010/05/blog-post_28.html

『ちなみに、リッチーとマットは
 カーボンバイクにカーボンホイール。
 マットのバイクなんてたったの10kg。
 僕のバイクはDH仕様なのに、
  彼らの方が下りは抜群に速かったです。

 要はバイクなんてただの自己満足の表れで、
  それがちゃんと走るか走らないかは
   全てライダーにかかってるんですね』

そして次に、とあるブログで読んだコメントより抜粋。

『たしかに自己満の世界だけど、

  1、基本的には楽しく乗れればそれでいい。
    これはDHの一番の目的。

  2、けど、カッチョイイバイクに乗ってみたい。
    これはオプションみたいなもの。

  3、我々オヤジが考慮すべきなのは、時間がない事。
    60になって今みたいに出来るか?
    今のうち、高性能を楽しむべきでは?』


  む、3が効く。高性能を知らずに死んでいくというのは、
  確かにいやだ。ということで、今決めた今年の目標は

   1;自転車は軽くする。
   2;ハマーシュミットを付ける。
   3;剛性を求めてみる。

 というところになりました。さあ、フレーム選びからか?

2010-06-14

妄想チーム/レーシングフィーバー/草津走り報告

From 100613Kusatsu_DHrace_photos


妄想チーム/レーシングフィーバー
 草津2010春での、チーム員たちの走りのアソート。

 【Bless you too, BETONES
賞賛いただきました。ありがとうでっす。次は監督クラスもがんばりまっす。

妄想チーム/レーシングフィーバー/草津結果報告

From 100613Kusatsu_DHrace_photos


おれの妄想レーシングチーム『????/レーシングフィーバー』、
先日のダイちゃんの模様に引き続き、



2010年6月(さっき)に行われた
MTB Festa in Kusatsu
(別名;ダイナコカップ草津)

での、結果報告の記。(完全版へ、アップデートしました)

写真だと、こんなかんじ。
http://picasaweb.google.com/photodrill/100613Kusatsu_DHrace_photos

パンダソニック監督、最下位でしたけど、
超楽しかった。秋にあるならそれも出場予定。



監督にだって、こんな時期もあったのだ。

2010-06-06

鳥越祭、前夜。


わりとな勤務先、リンプロジェクトが東京・浅草辺りにあって、
そのへんの地元祭り、鳥越祭の御神輿ルートそばにあったりします。

日曜日に、この本宮が練り歩くわけですが、
その前日に、各町会の神輿が通ります。
今宵は、そんな夜。



ハッピを着た娘っこたちの、
あたまの丸るいボンボンが、かわいいのです。

一番あがったのは、寄り合い所でベロ酔いしてるときに現れた
同志おじさんのTシャツ。な、な、ぱ、パブリック・エネミ〜〜〜!

ああ、我が青春なり。ずっとこの人たちみたいな立ち位置で
いろいろやらせてもらってる次第なわけです。フリーだし。
勝手な青春の想い出オチで、すんません。

2010-06-03

あざ左ひざ



ちいさめで長めのフルサスに乗って走ると、
左ひざをフレームにガンガン打ちがちで、
たいていこんなんなってしまう。
この間、富士見のbコース一本走っただけでこなった。
プロテクター付けててもひざの横あたりに、がしがしヒットするので、
もうたいていこうなる。

フレームにプロテクター(フレームパッド)を付けるか
ひざテクターをハービンガーやらドッグボウルなどの
がっちりタイプにすべきか。
それとも、コーナーで内側の足出す
オーセンティックでアグレッシブな乗り方に戻すべきか。