2009-08-10

見ると見えないものを見る力

仲間の旦那のおじいちゃんが前田真三という写真家だ。前田真三は、こんな写真を撮った人。



美瑛には拓真館という写真美術館があって、ここには、前田真三の写真が展示されていて。
で、入場無料。だれでもただで入れる。その中には、写真がいっぱい。

その館長とご飯食べながら、なんで無料? どうやって運営? と取材心まる出しで聞いたら、ほぼぜんぶ、ポスターとかカレンダーとかポストカードの売り上げで運営してるんだって。

つまりさ、無料で見られる写真美術館でさ、ツアーとかで何も知らずに連れて来られてさ、それなのに、その写真を見ただけで欲しくなる。お金払っても欲しくなる。で、美術館が運営できるぐらいの資金ができる。それぐらいの力強い写真なんだね。こんなとこ、他にはほとんどないらしい。

そして、こんな普通の農村に、『景色』という価値を見出し、村を挙げた観光業界をも生み出した前田真三の、見ると見えないものを見る力がすごい。