2010-05-25

follow me

よくわからないが、お酒を飲んでも眠れないので一筆。

Follow meという言葉についてですが、今日はおおすじ「一緒に走ることが大切なことさ」という意味で使われていました。んがしかし、Follow meは、その言葉をゆった自分が決して間違わないという前提があることでもあるんです。飛んだことのないジャンプを飛ぶ一番てっとり早い方法は、そこを飛び慣れた、あるいはうまいライダーの後ろをトレインすること。思うに、ある程度の技術さえ身につけていれば、そしてジャンプがきちんと作られてさえいれば、侵入スピードをあわせてビビリさえしなければ、全然飛べるんです。問題は、適切な侵入スピードを知らない、慣れていないこと。そして、知らないもの(ジャンプ)にビビってしまって、頭とカラダが固まってしまうことなのです。そこでまあちろちゃん喜ぶところのエロゴーグル(スカウター)内のスピード表示があれば便利なわけですが。でもって、「お願い、後ろ走らせてくんない?」とは、音速パンダこと引け腰ジャンパーなオレの常套句ですが、そんなオレに「付いてこいよー」と言ってくれるからには、絶対に転けない、あるいは転けさせない自信と経験と技術があっていて欲しくて、そんな走りができる人は、あからさまにうらやましい。例えばです。富士見のダートジャンプのプロラインは、まあ2年前の話ですが、でもって5個中4個しか飛んでおらず、別段飛んだと言えるわけでもないのですが、そんな上で述べると、あれはスピードと距離を怖がらずにちゃんといつもの飛び方をすれば、着地しそうなところに適切な角度のバックサイドが待っていると。そういうジャンプだったわけです。たぶん今も。で、今年も開設したらしいそのプロラインを、例えば裕太が「付いてこいよー、飛ばせてあげるよー」なんてあのにこやかな笑顔で言ってくれたら、たぶんなんの疑問もなく付いていって、もしかしたら初見で全部飛べてしまうかもしれないと。そんな妄想なわけです。そういうのどう?