2010-05-23

ルイガノカップ レジェンド スラロームの後



今日のつかちゃんはよかったね。すごかった。いいもの見れた。伝説はさらに進化した伝説となりました。思い出すと鳥肌が立つ。となりでダンくんが、「あれは、美しい」と言っていたのが印象的でした。

表彰式のあと、暗い森の中の駐車場にて。

つか「この暗い中での自転車の積み込み、ってのが、ノーバNORBA感をそそるな」
ぽんこつ「表彰式終わって帰り支度してたら、もう11時前とかなのね」
つか「じゃあタコベルでメシくってこうか、なんて」



ここでパンクキッドことケンジ(写真右)登場。


つか「しかしケンジの一本目の走りは速かったな。会場一同アゼンだった」
パンク「ジュンヤとダイスケが、『オレらがあれだけ走った20秒もないコースで、なんで3秒も縮められるんですか!?』だって」
つか「しかも初見の一本目にな」
ぽんこつ「しかも今をときめくポルトガル帰りの二人がね」
パンク「プロとか金とか言ってるのは、まだまだ早いんちゃうん、て感じやな」

みんなホントよかったですが、まあ一番はタケモトです。全日本ワンピとは、その手がありましたか。実現運営もふくめ、やっぱり君が優勝です。