2013-02-15

世界一かっこいいショーンのMTB(Team TIOGAに告ぐ)World's greatest Shawn's Mountainbike

昨日に引き続き、本日は、中村監督のチーム《レーシング・フィーバー》タイトルスポンサー、ショーンに新年のご挨拶に詣でてきた。
DSCN1653
ショーンは、タイオガの総帥である。90年代を駆け抜けたダートフリークたちがほぼお世話になっている、チーム・タイオガのビッグボスだ。

ショーンの寵愛を受けた、大先輩トシに始まる、ケンジ、ヨーゾー、ツカ、タケシ、タケトシ、コーイチ、ヒロコ、オレ、ヤナギ他チーム・タイオガの連中は、一人の例外もなく、ショーンの一言があればできる限り集まる。だってショーンはオレたちのためにイタリア・マルベンサ空港でやたらと犬になつかれたり、アポロビルではオレたちにダンスチケットと称したドル札をたんまりと握らせてくれたからだ。

DSCN1654
「悪いとこ以外はいたって問題ない」というから、ショーンはいつもどおりに元気だ。これは世界一かっこいい、ショーンの本気マシンだ。後ほど詳しくお伝えする。



DSCN1687

挨拶も早々に、ショーンの自転車を拝見させてもらうことにした。先ずは、タイオガのヘッドクォーターの真ん中にある、乗れないスタンプジャンパーだ。

2013 02 14 20 29 22

次にランドシャークだ。明らかにロードだが、おれのつたない経験では、ランドシャークがロードを作っていることを知らなかった。

DSCN1659

 変速が、ヤバい。ガチガチは言うが、スパスパ決まる。

2013 02 14 20 29 36
  だいたい白い。

DSCN1662
アルカンシェルは、さりげない。
DSCN1661
スパスパ決まるのは、このおかげだ。
DSCN1663
ステムはもちろんタイオガ・Tボーンだ。
DSCN1665
 時代を、感じる。

DSCN1671
さてお待ちかね、ショーンの世界一かっこいいマウンテンバイクについてだ。

DSCN1736
こんなバイクである。お分かりにならないかもしれないが、すでにヤバい。

それでは細部を見ていこう。

DSCN1675

まず、ペダルヤバい。こんなのが実際売ってたんだから信じられない。
DSCN1676
 つぎにエンドやばい。トラックエンドにチェーン引き調整ディレーラーハンガーである。売ってたのかこれ。
DSCN1677

バルブはもちろん青いダイスだが(ホワイトスカルでもいいと思う)、
2013 02 14 20 32 28
ホイールも、タイオガだ。いま実は9mmクイック使用のこのアラヤ(トシ)リムつきホイール(F)が、猛烈に欲しい。

DSCN1681
ステムも、忘れちゃいけない。

DSCN1682
これぐらい、ピカピカだ。


DSCN1684
ショーンのサドル。
DSCN1670
ショーンの時計。

TIOGA 2013 Selected Catalog