2010-09-22

元・内嶋亮のダウンヒル解説

富士見での、男子エリート決勝を、
内嶋亮・元ダウンヒルチャンピオンといっしょに
見てました。そのときの内嶋亮解説者のコメントをメモしてみました。
内嶋解説者は、なんかタイムをみてないようでした。

現在、富士見パノラマの裏番長、金子信吾BGH店長が
2分41秒446で暫定トップ。

「最後10人からがおもしろい」

「お、これははやい」 永田準也 2:40:425

「すごく 速いんじゃないの?」 清水一樹 2:37:305

「ちょっと、遅いな。速いんだけど、
  まだ爆発的なものがないんだよね」 九島賛太
   ーーーなにが、足りない?
    「海外だね、まちがいない」

「疲れてるねー、お、それでも39秒。まとめたねー」 井手川直樹

「気合いだねー。プロだねー」 青木卓也 暫定トップ

「トップライダーにはさ、伸びしろってモノがあるんだ。
 さらに、タイムを縮めなきゃいけないっていう状況で
 『あれができる、これをさらにできる』っていう発想を
 持っている、っていうかさ。引き出しが、さらにあるんだ。」

「ハジメ、キツイかなー」 井元はじめ 最終走者

「さあ ハジメだ!」「こい、ハジメ、早く来い!」

ハジメの結果は、
マウンテンバイク ジャーナル vo. 1009 にて。
http://dhi.quickresult.info/mj/index.php?more=1285083353