2008-02-21

緑は言語を越える

先日の日本語の分からない友人の続き。


この広告、を彼に見せました。
日本語わかる人なら一目瞭然の内容ですが、
読めない人が、どこまで分かるもんかと抜き打ち意地悪テスト。

が、今回は相手が悪かったようで、一発で見抜かれる。
「宝くじだろ?」
全くその通りなのだが、いったい何でわかったかというと、

「ほら、まず緑はお金を意味するし」

へえ、緑はお金かあ。聞いたことあるぞ、
グリーンバックっていって、US$は緑色だから
緑はお金っていう広告的な意味を持つって。
そういえば、この友人もと広告の人。

「あと、この人赤だしうれしそうだし、勝ってる感じするし」
ということで、宝くじだったそう。ご名答。

ボクは緑が好きで、毎日のようにどこか緑を
付けてるのですが、言われてみれば
なるほど、緑が好きってのは、お金が好きってことなのか。

お金は口に入れられないぐらい汚いものだと
教えられてきたので、なんとなく避けてきましたが、
なんだ、お金って緑か。緑と思えば大切かも。

言語がわからなくても、そのギャップを超える、
世界共通のみんなの願い、想い、一つの心。
それが、緑。
いいね。緑いいね。緑いいね。お金いいね。

だからこれからお金好きになります。今んとこ
まだまだ片思いですがそのうち、あっちもこっちを
好きになってくれるかもしれません。
相思相愛を願って。


ポスターの右上にぽつんとありました。
山と森を大切にしよう。そうだ緑も大切にしよう。