2008-02-23

行われるべき正しいこと

 先日、というより昨年、とある仕事でゲイリー・フィッシャー氏に会いました。


 雑誌の巻頭インタビューだったのですが、いやあ、おもしろい人でした。さすがマウンテンバイクで大成功したミリオネアだけあって、まず

*しゃべりが面白い。
 しゃべり方、というか、言葉の文章(?)構成、音として流れるときのリズム作りが最高に楽しい。取材気分でしゃべらせモードにして放っておくと、ついインタビューアーではなく地の自分が話に引き込まれていく感じ。

*話題豊富。
経験豊富なのか頭がいいのか天性なのか、話題が次から次へと出てくる。それがまたいちいち楽しくて興味深い聞いたことない情報。

*自転車活動家。
 自身の造ったブランドを売っぱらって、今や《マウンテンバイクの父》業が本職の彼はまた、一人の自転車活動家である。曰く。

「これまでさ、自転車で活動を起こそうとする人たちは、自転車が好きなだけだった。『こんなにすばらしい自転車を広めたいからやっているんだ/お金じゃない』。
 違う違う、そうじゃない。大きなお金がかかることをしなくちゃだめなんだ。こんな感じ。
『お? 自転車専用道路を造るのかい? そいつはエコでいいねえ、でもお金がかかるねえ。そうそう、オレの知り合いにイイ建築業者がいるんだけど』
 お金が動けば、人は動く。だから、これから自転車に関する活動をするなら、ケチっちゃだめだ。やるんなら、大きくだ」

 活動家と言えば、わりと尊敬し、目指していた活動家アニータ・ロディック(ザ・ボディショップ創業者)が昨年亡くなって、ちょっとがっかりした。世界に目覚めてもらうことを夢見る活動家って、果たして今、どれだけいるんだろう?

 ちなみに彼がこの後自慢げに続けた『自転車専用チューブ道路』の話は、すでにトロントで実現を検討? しているプロジェクトのそのまんまでした。ただ、さすがだなと思ったのは、それに続いたこの話。
「このチューブはさ、いろんなビルを通るんだ。ビルの中にはチューブに直結するドアがあって、そのドアがある建物は、不動産的にも価値が上がる、と。どうだい、そんなのは」
 ゲイリー・フィッシャー、還暦ちょっと前。老獪も前にして既に狡猾。

 最後に、彼が数ヶ月まえに、BC州バンクーバーの自転車フリーペーパー『モメンタム(Momentum)』に語ったインタビューの中から、最も印象的だった一文を引いてみましょう。

『Bike people get used to that, not fitting in,
 being the outcast and doing what they do
 because it's the right thing to do』

自転車な人々が、迎合せず、
孤独にさらされながらも、
行動するのに慣れているのは
それが、行われるべき正しいことだから。

 他にもむちゃくちゃ面白い彼の思想をしっかりと叩き込まれたのですが、なにせ600文字しか書けなかったため、それを充分に印刷できなかったのが残念。ですが、まあこれを書いてすっきりしたって感じ。そのうち、ボクが自分の意見であるかのように何食わぬ顔して書くかもなので、そのへんご注意を。

 そいえば、このインタビューの直前、フィッシャーが泊まっていたホテルに同じく宿泊していたサンフランシスコ(正確にはバークレー)在住の自転車通、シモムラタクミ氏とフィッシャーが朝食時にばったり遭遇。かなり面白い話で盛り上がった、とのちにシモムラ氏より聞きました。その場にいたかったなあ。そういうの逃す間の悪さがボクの持ち味です。