2010-07-25

惨敗チーム;レーシングフィーバー

惨敗全日本。

あなたも一員、妄想チーム/レーシングフィーバー、
先の全日本選手権、結果から言うと、惨敗でした。

我々の決まり「年齢より若い順位は大優勝」でしたが
この年齢というのが、大きくのしかかってきた
結果と相成りました。書いてる今も、気乗りしねえってばよ。

チーム員それぞれの、結果をご紹介しましょう。


PHOTO; 五十嵐ファミリー

まず、20才台という年齢のため、
エリートクラスに参戦することになった、
HEROこと今泉仁(ひろ)。
チームの掟、禁転倒を唯一守れた男。


PHOTO; 五十嵐ファミリー

しかし40位。予選通過ならず。
「でも、ぼくは大満足ですよ。
プロとか速い人たちの中で、半分以上の
順位には入れましたからね」



つぎ。中村監督。やる気は満々、準備も万端。
あとは転ばないで走るだけ、だったが。



Photos by 『ザ・グレート海上浩幸』(Chromag Japan


『理屈と理論はいっちょまえだが、結果は出せない』
という生まれもった星の力は、人の力では変えられない。
結果、52位。なんにも言えません。
無傷であったことだけが、唯一の慰めである。
ヤマカゲくん、大変、すまん。


なぞのマスクマン、MR.Showこと今泉翔(ショウ;手前)

丹羽隆志先輩のお手伝い、
現在、北海道を走行中のため、欠場。
http://www.yamamichi.jp/1tour/hokkaido.htm
(写真は先のルイガノカップより)


M2Kことマツケイ

http://ameblo.jp/pushthenose/theme-10025048006.html
ウィスラー修行のため、欠場。うらやましい。



五十嵐ブロス;

瑞樹(ミズキ;左 MTB歴8年) パノラマカップ22位。
年齢より大幅に年老いた順位で、残念。

優樹(ユウキ;右 mTB歴13年)
年齢制限のため、全日本には出場できず。


そして、上写真、中央に座っているのが、
我らがレーシングフィーバーのエースこと
アツタミネトである。

このエースに関しては、監督、言いたいことがもう
いっぱいあるので、パラ酔いしてから次の記事で書く。