2009-09-04

御大登場

今日一番目のお客さま。



 あっちはたぶん覚えていないけど、二度目の対面。いろんなものを褒めてくれたけど、たぶんそれは全部例のトーク。うまいねーこの人は。しかし商品を見てるよりも、壁に貼っつけたボクの学芸会写真を見ている時間の方が長かった。しめしめ。思惑通りでっす。

 で、一通りのお話を終えた後、ボクは感謝モードに突入。

「Mr.フィッシャー。ボクはあなたを尊敬しています。20年前にマウンテンバイクに出会ってからというもの、マウンテンバイクのことを書くことで食べさせてもらってきました。マウンテンバイクに養われてきて、ボクの今があります。ボクが今ここで、あなたに会っているのも、あなたがこのブースを訪れてくれているのも、マウンテンバイクというものが、この世にあるからです。ありがとう、本当にありがとうございます」

 もう一度がっしり握手をして別れましたが、彼にしてみれば、『オレに感謝するようなことじゃないじゃん』と思ったかも。すんません。ボクはあなたを媒体として、マウンテンバイクそのものに感謝の言葉を告げたのです。勝手に使ってごめんねゲイリー。ボクはやっぱりマウンテンバイクが好きです。ありがとう、マウンテンバイク。これからも、たぶん乗れる限り、乗り続けます。

 で、お仕事の方だ。

 今日で、ヨーロッパ各国は、北欧をのぞいて、だいたい制覇した。
「フランスのフィキシー系ショップなんだけど」へー。「スペインのトラックバイク系ショップだけど」そうかー。「ドイツのフィキシー」ほー。「イギリスの」いいねー。「イタリアの」はい。「スペイン」あした間に合うな。「スロバキア」うん。東京のフィキシー文化は、もう根付いたよ。これからもたぶん当分あるよ。みんな異口同音に言う。「ヨーロッパはこれからなんだ!!!」了解。みんな、買ってください。ヨーロッパも東京みたいにおしゃれになってください。

 ボクはおしゃれじゃないのでトラックバイクとか、ごめん、個人的にはいいですよ別に。ということで、なんとなくもう目的達成した感じなので、今日はもうこれでおしまい。店じまいして、一番落ち着くブースにやってきました。やっと。ついに。

 今回のユーロバイクショー、初めて試乗した自転車がこれ。



 フルサスマウンテンバイクを愛しているおれが来ましたよ。


 もろちん乗りました。いいです。すごくいいです。ココんちのハアドテイルは、リアセンターが近くて、速くて硬くて、若くてうまくて顔のいい子たちならいいんだろうけど、オレはお産でへたぴで顔が不自由なので、硬くてすごかったのはもう20年も前のこと。それが、この同軸フルサスになると、その反応の速さはそのままに、硬さがなくなるので、すごいいい。タメの感じがいい。同軸ピボットやるじゃん。

おれ;いいねー。なんか、フルサスなのにクイック、つうか。カーター;『スナッピー』だろ? おれ;そうそう。なんか、友だちのウェブで読んだところだと、4Xとかそういう用だって書いてたけど、それよりもなんか、ダートジャンプしたいよこれで。カーター;そうだよ。どっちかっていうと、ダートジャンプとスロープスタイル用だよ。おれ;ダートジャンプ。カーター;ダートジャンプ。

とびたい。これで飛びたい。たぶん反応速いのに、きちんとタメがある。新機軸だよ。デザインがどうこうとか別にどうでもいいけど、乗り味がいい。これでとびたい。とびたい。ほんととびたい。
 すごく満足したので、これでもう、個人的にはユーロバイクショーの取材終わり。もうボロレンタルバイクのコースターブレーキとか気になんないぐらい満足。ベルトドライブ29erとかどうでもよくなっちゃったよ。シングルギア・フルサス・ダートジャンプ・26erだと思う。



このビールの酔いが回ってきた。ホワイトビール。2本で1.54ユーロ。日本円で230円ぐらい? やすいねー。2本あるので、1本はリンプロジェクトに、そしてもう1本はマウンテンバイクに。かんぱい。