2008-06-03

マウンテンバイクは自転車じゃない



 ぼくの愛するマウンテンバイクが、ついに自転車じゃなくなったのが、とてもうれしい。

 メタボOL&リーマンたちのおかげで、ロードやクロスバイクが売れまくっていて大いに結構。自転車で飯を食える人が増えていくのはさらに結構。しかし、そんななかでもマウンテンバイクは
「スピードが出ない」「漕ぎが重い」「爽快感がない」
 とか決めつけられている。マウンテンバイクを「今乗りたい自転車!」とか書くメディアは今は一つもない。だがしかし、そのステレオタイプのおかげで、マウンテンバイクは、いわゆる「自転車」から、やっと離脱することができた。

 そもそも、マウンテンバイクは自転車ではない。自転車的、つまりSelf sufficientic、あるいはSelf-sustenancive、または自給自足的な思想を持つ人たちに、さらなる自由を与える乗り物なのである。そのパワー源として、人力&二輪というのが最適であっただけの話で、それが自転車という乗り物と酷似していただけの話だ。

 マウンテンバイクは、どうやって、壊れず、自由に、自転車で山を下れるか、という思想を具現化したものだ。これまでのいわゆる自転車に似ているが、ただ似ているだけという話。自転車とは全く違った思想の、自由になるための道具である。どんな道でも走り、どんな道じゃないところも走り、どんなとこにも行ってしまえる。飛んで旅してトリップするための、トリッピングマシンなのである。

 そこが、決められた道(舗装路)を、ただスピードを出すためだけに走るロードバイクやクロスバイクやトラックバイクとは根本的に異なるところだ。余談だが、クロスといっても、シクロクロス用のバイクではない。シクロクロス用のバイクは、マウンテンバイクのお兄さんと呼ぶべき、同じ血を分ける兄弟だ。BMXも然りである。

 先日、とある自転車雑誌の人に「マウンテンバイクは売れないからさあ、マウンテンの記事は作らないんだ」と面と向かって言われて、安心した。自転車ブームのまっただ中でも売れないマウンテンバイクは、やっぱり自転車ではないのである。これまで自転車というくくりで十把一絡げ(じっぱひとからげ=くそもみそもいっしょにすること)にされてきた我々だが、いわゆる脂肪燃焼&健康増進(以上全て願望)装置としての『自転車』を求める人々が、そっぽを向いてくれるときがやっと来た。

 彼らは、ぼくら自由な翼を求める人々を、ついに放っぽっておいてくれるのだ。こんなうれしいことはない。自転車関連であるという肩書きを捨て、『マウンテン・ライディング』あるいは『ダート・バイシクリング』という新たなジャンルを確立することができるのだ。行動を起こせるときが、ついについに近づいてきたような気がする。