2008-09-07

ウィスラーに持ってきたいもの/ウェア

●着るもの2 ーー寒暖極端

 簡単に言うと、ウィスラーの7月は暑いが、8月後半はいきなり寒い。一日の中でも寒暖は極端だ。Tシャツすらジャマなぐらい暑い時間帯が終わると、突如ダウンジャケットが必要なぐらい寒くなる。

 日本の夏は、夜が冷えるなんて想像だに付かないが、夜に、例えば雨が降ったりなんかしたら、もう凍死してしまうのではないかと思えるぐらい凍える。決して、上着を持たずに夕方から夜にかけて行動してはいけない。必ず防寒具、それも軽く冬仕様のウェアを持っておいても損はしない。氷河期を乗り切った遺伝子を持つ白人の方々は、我々アジア人よりも寒さに対してなんだか強い。彼らの格好を信じてはいけない。ただ、おせっかいな人には必ず「暑くないの?」と聞かれるから、「東洋人(オリエンタル)は白人(コケージャン)より、寒がりな遺伝子(DNA)を持つんだ」と答えておけば、後は放っておいてくれるはず。

 またウィスラーの夏は、結構雨が降るようである。2008年の7月〜8月前半はストレートに晴れまくり、防寒着を持って来てジャマだったかな、と少々後悔するほど暑かったが、昨年の夏は、わりと降ってくれたようである。前述もしたが、雨が降るといきなり気温は下がる。雨の日の夕方から夜にかけては、気温摂氏10度以下になることも珍しくない。雨の日のルーニーライドのアプレ(英語でアフターって言えばいいのに、なぜかフランス語でApresて言う)パーティは激寒い。しかもビールばかり飲むのでさらに冷える。フリースや厚手のアウターは、どこかに用意しておきたいものだ。パンダソニックは、ウールのアーガイル・セーターをどこにでも持っていっていた。

 必ず持っておきたいのは雨具である。こっちで良さそうなやつを見かけたので、そいつお伝えする。BC州バンクーバーを本拠地とするウェアブランド、<ソンブリオ>の《ロームパンツ》が調子良さそうだった。ジーンズのようなルックスとシルエットと、そして防水性をもつパンツである。我々のように、乗るときの格好は基本的にジーンズで、雨の日も乗る人が欲しくならないわけがない機能が満載だ。そのうち手に入れて、実際の履き心地を試してみたい。ソンブリオのアパレル、全般のページはこちらだ。商品個別のURLがないというのは、昨今のデザイン系ウェブにありがちな構成だが、ボクはあまり好きではない。

 パンツはコイツでたぶん決まりだが、上半身の雨具は何でもいい。<パタゴニア>でも<アークテリクス>でも、好きなブランドの好きな色のものを着ればいい。パンダソニックは、適当なものを適当に重ね着する程度である。あんま走りに関係ないっしょ。こだわる人はこだわるがいいさ。