2008-09-10

自転車専門誌を読んだ!

自転車専門誌を読んだ!

 マウンテンバイカーの基本中の基本とも言える『マウンテンバイク・アクション』通称MBA! もう今どきの人は読まないんだろうな。我々のような、オールドスクールのマウンテンバイカーは、日本でのマウンテンバイク情報があまりに少なかったため、こいつを穴があくほど見つめたものである。


 いやあ、面白かった。本気な情報誌も読んでみるものなのだなと。2008年10月号。内容を抜粋。


これからのマウンテンバイカーの基本装備となるだろう、ハマーシュミットの取り付け方法、分解&解説、そしてFAQ的な質疑応答。フロント変速機がなくなるってのは、ホントすごいことなのですよ。まさにエポックメイキング。電動変速みたいなギミックとは次元が違うのよ。出来はともかく(おタクな奴らは黙ってろ)、具現化してくれたという事実に感謝感謝に加えて感謝である。おっと、つい熱くなった。


THEのヘルメット、グラフィックがかっこいい。アニメ的、イラスト的。脱スピードグラフィック的。新世代的。


変態フレームでおなじみ、《デルタ7》の<アランティクス>の、なんとインプレ記事! 念のため申し上げると、『アイソトラス』なる工法で、ケブラー+カーボン繊維(?)を編み編みにした、編み編みフレーム! フレーム単体価格7000ドル! 意外に硬めで操作しやすい乗り心地、とのこと。写真の完成車重量は22.5ポンド(10.2kg)と、こんな見た目で意外に普通。http://delta7sports.com/


スコットが、ついにトレール用リアサスをアメリカで販売! だって。もちろん例の特許に引っかかるため、ついに別方式を考えだした末の販売。はやく来い来い特許の切れる(噂によると)2012年。まあアメリカで売らなければいいという話でもあるが。


すっかり忘れてたよ《スリングショット》! こいつは、こんな見た目ですが、きちんと定評のある、きちんとしたマウンテンバイクです。いまでもちょっと欲しい。こいつは今どき29erですが、ロードモデルもあるそうな。ロードブームが終わってしまう前の、今こそ乗り時かも。


《チャンバ》(元《チャンバワンバ》)のクロスカントリー用モデルかあ。なんかしみじみするなあ。乗り味もいいんだろうなあ。チャンバこと元《チャンバワンバ》はずっと、グラビティ系ブランドとして世間を席巻してたのです。なんで名前変わったんだろ。


やったぜ《トピーク》! いつも面白いこと考えるねここは。なんとラチェット付きの携帯工具。もう気がつくと、身の回りのほとんどがトピークグッズだらけになってきてるほど、ここんちはかしこいグッズを作るよね。

 今はネットを見れば、最新で的確なマウンテンバイク情報はすぐに手に入るけど、たまにはみんな、自転車専門誌も読みなよ。