2007-12-22

スケール感の違い

北米に来てるんで、あらためて言うことでもないですが、
ものごとの存在がデカイです。


隣のビール350ml缶の大きさがよくわからなくなるほどの
2kgボトル、ピーナツバターの隣には


1ガロン=4リットルの牛乳が当たり前に並び、


20年前の日本での洗濯洗剤箱と同じぐらい大きいシリアルボックスは、


いまでもやっぱりでかい洗濯洗剤の箱よりも小さいわけです。
電話もマックも何もかも小さく薄くなるさなかに、
ここに関しては、昔となんら変わることなく。

物ごとのスケール感が完全に違うので、いろんなことに戸惑ってます。