2008-01-31

ポートランド三報

(Brief translation below)

 ポートランドには、ストンプタウンコーヒーというこの街発のコーヒーショップがあります。今日現在で、ポートランド市内に5軒と、そしてシアトルにも2軒の店舗があるようです。

 コーヒーにはうるさい人々が多い(んだろうという偏見)この街でもきちんと人気を博しているらしく、気を抜くと、すぐに込んでしまいます。これまで3軒行きましたが、店内はそれぞれに特徴のある作りになっていて、コーヒーの味以上になかなか楽しめる空間でもあります。もちろん無料Wifi。無線LANのことを北米ではワイファイって言います。



 ダウンタウンの店舗でぼんやりしてたら、なんか表にメッセンジャーが集まっていたので、彼らに聞いたポートランドのメッセンジャー事情を走り書き。止まって聞いて座って書くのに走り書き。

・周りでは、2/3ぐらいの人がフィキシー(固定ギア)に乗ってる。OLDER GUYS、歳いった人(ムムム)はロードをシングルギアにして乗ってるけど。

・ポートランドみたいに雨が多いと、フィキシーの方が扱いやすい。じんわりとトルクをかけてスピードを殺せるし、雨でブレーキが利かなくなる事もなく、ブレーキパッドがむやみに減って悪さをすることもない。

・今ポートランドには、40〜50人ぐらいのメッセンジャーがいると思う。

・でも仕事がない。というか、メッセンジャーになりたい人が多すぎて、新しくメッセンジャーになる機会がものすごく少ない。

・「一度メッセンジャーになったら、メッセンジャーであり続けるのも大切なのさ」

 ちなみにエースホテルの一階もストンプタウンコーヒーです。階段を下りるたびにいい香りが漂い、幸せな心持ちになれます。


Little knowledge about Bike Messengers in this town, that I got from there friendry messengers in PDX. If there is something is not true at all, that came from my poor English hearing. Blame me, not them, and please, please please tell me the truth.

* About 2/3 of co-workers rides on fixies. Older guys rides on road bike with single gear.

* In rainy city like Portland, fixed gear is much more controllable then brake shoe type brakes. The stopping torque of fixed gear grips good on wet surfaces, and the brake shoe doesn't wear out or squeeks or betray riders stopping thoughts.

* There are approx. 40-50 messengers in PDX

* There is not enough jobs for messenger. NO, better to say that there is many people wants to be a messenger in this town, so not many occations are available at this moment.

* "Once you are messenger in this town, you got to act hard to keep being a messenger in this town"