2008-07-18

『Toonie Ride トゥーニー・ライド』参加


昨日一日休んだせいか、腰痛も全快。昼から二本Aラインと4クロスのコースでジャンプのコソ連をした後、「練習を再開した」男前中の男前、辻くんに誘われて、ウィスラー名物、木曜夜に開催される草レース『Toonie Ride トゥーニー・ライド』に参加することに。

『トゥーニー』とは、2カナダドル・コインの通称。1カナダドルを『ルーニー』と呼ぶので、2ドルはトゥーニー。2ドルの参加費で、1時間程度、ウィスラーの贅沢トレイルを走りっぱなしで、ゴール後は地元のショップやブランドが提供してくれるビールを飲み放題、ハンバーガー、ホットドッグを食べ放題。


スタートは午後6時半。2ドルで走れて、ビールと夕食付きとくりゃあ、貧乏マウンテンバイク物書きとしては、参加しないわけには参りませぬ。2008年の開催スケジュールはここ。9月までの毎週木曜日。

が、われわれツーリストには、ここでも少し準備が必要となる。このレースに参加するためには、ウィスラーのマウンテンバイク協会であるWORCA(ウィスラー・オフ・ロード・サイクリング・アソシエーション)に加盟しなければならないのだ。なのだが、ウェブサイトとクレジットカードの出世払いですぐさま登録できる。ので、レース直前の午後5時に慌ててオンライン登録。加盟料は、大人一人なら40カナダドル。再び思わぬ出費である。だが愛するマウンテンバイクのためなら、こんな出費は、どっかに原稿を買ってもらって取り戻すさ。

自分で言うのもなんだけど、オレの原稿たぶんおもしろくてタメになるからさー、だれか買って。別に雑誌じゃなくても個人でもいいよ。雑誌記事だろうが、企業のコピーだろうが、個人相手のラブレター代筆だろうが、心と経験のこもった文章しか書けないオレです。

このトゥーニーライドは、もともとルーニーライドと呼ばれていた。参加費1ドル。が、昨今の諸事情により参加費2倍となり、それでも2ドルなので、そうだな、今日は100人ばかしが集まって、みんなでぐりぐり乗っていた。


コースは毎回変わるので、なんとも言えないのだが、パンダソニックの脚では1時間強ぐらいのライドというか草レース。修理用の工具類だけ持っていれば、水はスタート前に飲んでガンバルぐらいでオッケーだろう。ボトルに半分ぐらい持っててもいいかな。重いし。ただ、走り終わった後は日が暮れて寒くなるしビールも飲むので、冷えないようスウェットとか持っておくのがローカルの知恵。

スタートとゴールとは違う場所になることが多いようで、スタート地点には、ゴールまで荷物を運んでくれるサービスカーがある。走りに必要のないスウェットとか、自前のビールとかなんとかかんとかとかは、このサービスカーに運んでもらうことにする。

それでは各自、走ろう。トレールはとにかく気持ちがいい。上りは半端じゃなく上るが、下りはとにかく気持ちがいい。さすがマウンテンバイクに乗りまくってる奴らが作ってたトレールだけあって、ストレスのない流れるようなラインであった。ライド後のビールは、なかなか回ってこなかったが、いただいたハンバーガーは、とてもボリュームがあっておいしかった。もちろんベジ・バーガーもあるので、菜食主義者の方もご心配なく。


明日は朝から、クロマグの連中による『フライデー・ライド』に参加予定。モノスゴイところを走るらしい。果たしてパンダソニックは無傷で帰って来れるのか。乞うご期待。