2008-07-16

マウンテンバイク・フェティズム



果たしてどこ地域の時差ぼけを引きずっているのか、夜11時には眠くなり、朝6時は目が覚める。現地時間そのままの健康生活まっしぐらなのだが、果たしていつまで続くことやら。

朝6時に起きて、もったいないので周囲のトレイルを散策しに<おはようライド>をすることにした。が、聞いた話によると「朝はクマがすごい出やすいですよ」とのこと。一人で走ってて、クマさんに出会ってしまったらどうしようと山の途中でビビり入り、早々に切り上げることに。こんどは誰かと来よう。

で、朝食のあと、誰もいない平日の朝を見計らって、一人バイクパークで<おはよう練習>だ。昨日走ったクランケラップ(日本語だと「ねじを巻いて」みたいな意味。名前そのまんまの小手慣らしだ)を2本走り、なんとか自転車の挙動と感覚を、コースとスピードに合わようとがんばる。で、2本走って昼前。家に帰ってランチを作る。

ウィスラーのバイクパークは、まさにマウンテンバイクの天国である。テクニカルなシングルトラック、根っこや岩だらけのコース、ゆったり広い道がゆったり下るという白紙キャンバスのようにクリエイティブなコースなど、マウンテンバイクに乗っていれば体験するさまざまな路面状況が、いろんなコースとして置かれる。安全に飛べるだけではないのだ。コース数は感覚的には40本ほど。それだけあれば、自分のマウンテンバイク・フェティズムを満たしてくれるコースが必ずある。

4時PMに、友人と再び走りにいく。今日はジャンプではなく、自分のフェティズムを満たすホームルートを探すのが目的だ。ボクの場合、細かくタイトなスイッチバックが続く、根っこや岩の多い、バキバキに乾いたシングルトラックを攻めるのが大好き、という細かいフェティズムだが、それを満たすコースもちゃんとあった。『ワールドカップ・シングルトラック』がそれだ。しかしそのコースはぶっ飛ばすと1分強ぐらい、コースと言うよりセクションだ。「超楽しいけど、短すぎー!」とは走行直後、ボクのうれしい感想の咆哮。

ゴンドラ、リフトを乗り継いで、一番上まで行けば、ウィスラーの美しい山々とビレッジが一望できる。林の中、ラインを選ぶ難しいコースで精神統一した直後に、いきなり視界が開けてこんな景色が見えるダブルトラックにでると、両手を上げてウォー!と叫びたくなる。いや叫ぶ。マウンテンバイクに乗ってて、こんなに気持ちよくなったことは、そうそうない。

そしておはよう練習のおかげか、夕刻のボクは予想以上に乗れていた。乗れすぎてて、はしゃぎすぎて、腰が痛くなった。腰ベルトは必需かも。


ちょっとコースを選べば、こんなルートに迷い込むこともできる。